電子機器組立ての資格

電子機器組立ての資格

電子機器組立には、配線の仕方、はんだの良し悪しなどある程度の技能が必要です。そのため労働者に備わっている技能の程度を確認するために行われる国家資格の技能検定の1つとして、電子機器組立て技能士があります。

中央職業能力開発協会が問題を作成して、都道府県職業能力開発協会が検定の実施をしています。

電子機器開発に関連する情報や口コミを扱っているサイトです。

電子機器組立に関する学科及び実技について試験が行われます。

技能の程度に合わせて等級があり、特級と1から3級の4段階になっています。

YOMIURI ONLINE技術のご紹介です。

それぞれの等級には、受検資格があります。


1級から3級は実務経験の長さによって分かれます。

3級は6ヶ月以上、2級は2年以上、1級は7年以上が必要になります。特級については、1級に合格した後、実務経験が5年以上ないといかません。


学科は、電子機器に関する種類や用途、電子や電気の原理や回路、電子機器の組立て法や計測方法と品質管理、材料や製図、安全衛生についてになります。

実技については、1級から3級は組み立て作業になります。

3級は光検出器の組み立て、1級と2級は省エネコントローラーの組み立てになります。


1級は、試験当日に指示されるプリント板配線作業を行う必要があります。

特級は、ペーパーテストになります。



工程、作業、品質、原価、安全衛生などの管理に関する知識や作業指導及び設備管理に関して確認されます。

この検定によって電子機器組立に関する技能のレベルが公的に認められるようになります。

  • 技術の事柄

    • 電子機器はさまざまな電子パーツをパターンと呼ばれる基板の上に配置しています。電子機器組立には、はんだと呼ばれる手順が必要です。...

      detail
  • 耳より情報

    • 電子機器組立を行う時に注意をしなければならない事の一つに静電気が挙げられます。最近の電子機器は半導体と呼ばれている電子部品を利用する事が多くなっており、半導体素子は静電気に弱いため、静電気を発生させない工夫が電子機器組立には必要です。...

      detail
  • 皆が知りたい情報

    • 工場内の機械を作動させる際に制御盤は欠かせませんが、この機器を製造するメーカーのほとんどは資格を持つ者のみに製造や組み立ての作業をさせています。制御盤に触れる場合に取得しておくと良い資格は主に2つ存在します。...

      detail
  • 技術のテクニック

    • 過去に開発された商品のノウハウをじっくり確認し、完成度の高い内容を今後は目指していくことが大事です。プロセスの段階でどれくらい苦労したのかという内容が将来へ大きな影響をもたらすこととなるため、実効性と実用性の両方をきちんと確認できる状態を見ておく部分が重要です。...

      detail